学生の実習について


  当院では、将来、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、医療事務、その他の医療関係業務従事者を目指す者の臨床研修・実習を受け入れております。臨床研修・実習とは、養成機関の教育の一環で、病院等の実際の臨床場面に於いて、それぞれの業務を見学、体験する目的で行われているものです。

つきましては、下記の内容をご理解いただき、本実習にご協力をいただけますようお願い申し上げます。尚、実習にあたりましては、担当させていただく患者さんにご迷惑や、不利益が生じないよう細心の注意をはらって行います。

 

1.実習の主な内容

実習中は患者様の心身機能の状態や、日常生活動作の観察や検査、それに基づいた治療訓練等の一部を体験させていただきます。

2.実習中の遵守事項

患者様の安全確保、治療効率を最優先し、事前に指導者(当院の指導職員)より入念な助言や指導、監督の下で行います。

万が一実習中に患者様の健康やプライバシーに何らかの影響を与える事象が発生した場合は、速やかに院長および養成機関の長が対応いたします。

3.患者様からのご意見や要望

実習に関するご意見、質問や要望、苦情等が有る場合は、いつでも実習指導者にお申し付け下さい。

4.実習の中止

患者様は今回の実習について同意いただいた後でも、実習を中止して欲しい際には速やかに中止いたします。その場合、その後の治療訓練上の不利益は何らありません。

5.個人情報の保護

実習中に知り得た患者様の個人情報につきましては、他者に漏らすことがないようプライバシーの保護に努め、実習以外の目的で使用することはありません。

 

 

東都三軒茶屋リハビリテーション病院

 

院長 中村 利孝