◆部門紹介

回復期リハビリテーション病棟2

FAQ

Q.回復期リハビリテーション病棟って何ですか?

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患または大腿骨頚部骨折などの病気で急性期を脱しても、まだ医学的・社会的・心理的なサポートが必要な患者さんに対して、多くの専門職種がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。

 

Q.どうすれば入院できるんですか?

回復期リハビリテーション病棟へ入院する対象者は、厚生労働省が疾患などの条件や入院期間を定めており、専門の医師による判断が必要です。
疾患の発症から最長で2ヵ月以内の患者さんが対象となり、対象疾患ごとに決められた期間(1~2ヵ月以内)に転院が必要です。例えば脳血管疾患や脊髄損傷などは発症から2ヵ月以内の転院が必要で、最大入院期間は180日。大腿骨や骨盤などの損傷であれば、転院は発症から1ヵ月以内で最大90日の入院期間が定められています。疾患や状態により異なるので、ご注意ください。

対象疾患 発症から入院まで 病棟に入院
できる期間
脳血管疾患 脊髄損傷 頭部外傷 くも膜下出血のシャント手術後
脳腫瘍 脳炎 急性脳症 脊髄炎多発性神経炎 多発性硬化症
腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術後
発症または
手術後2ヶ月以内
150日
高次機能障害を伴った重症脳血管障害
重度の脊椎損傷 頭部外傷を含む多部位外傷の発症または手術後の状態
発症または
手術後2ヶ月以内
180日
大腿骨 骨盤 脊椎 股関節もしくは膝関節の骨折または
2肢以上の多発骨折の発症後または手術後の状態
発症または
手術後2ヶ月以内
90日
外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態 発症または
手術後2ヶ月以内
90日
大腿骨 骨盤 脊椎 股関節又は膝関節の神経筋又は靭帯損傷後の状態 損傷後1ヶ月以内 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 損傷後1ヶ月以内 90日

Q.入院から退院までの流れは?

入院
医師による診察、リハビリ処方。内科的合併症の評価・治療
訓練担当者による評価・訓練。看護師によるケア・指導の開始
入院時カンファレンス
全スタッフ参加による方針や入院期間の検討
本人・ご家族へのカンファレンス内容の説明。今後の方針についての確認
退院前カンファレンス
退院前の身体機能・精神機能の確認と社会福祉サービスの調整
退院日決定
本人・ご家族と医師の面談

※入院には現在入院・受診中の医療機関からの紹介が必要です。