日本透析医学会学術集会に参加しました。

当院の理学療法士が、7月1日にパシフィコ横浜で行われた「第67回日本透析医学会学術集会」に参加し、ポスター発表を行いました。

タイトルは、「COVID-19肺炎後の廃用症候群にリハビリを施行した透析患者の1例」です。

当院では、回復期リハビリテーション病棟にて、透析患者様がコロナウイルスに感染し、その後リハビリテーションを行い在宅復帰・職場復帰を多数されておりますので、維持透析の患者様で自宅退院、復職に向けて回復された経過を報告させていただきました。

今後も学会発表が出来るよう、また、患者様により良いリハビリテーションが提供できるよう、今後も研鑽を深めたいと思います。